PIASシンボル
トップページ サイトマップ English
ピアスタワー・アトリウム部分
 
ピアスタワー
ピアスギャラリー
ピアスタワー
水の都、大阪市北区は、淀川や堂島川といった水路を活用した商業都市として栄えてきただけでなく、近松門左衛門の人形浄瑠璃、「曽根崎心中」「心中天網島」の舞台ともなるなど、古くから芸能や文化の発信地としても成熟してきました。豊崎界隈、茶屋町界隈は、今も歴史の面影を残す一方、近年は再開発により、町並みを大きく一変させています。テレビ局本社ビルや大型シアター、若者で賑わうショッピングモール、読書家たちに支持されている古書の街などが有機的に混在する個性的なこの界隈は、新しい大阪の躍動感を生み出しています。
この古くて新しい街にあってひときわ、異彩を放つのが「PIAS TOWER」です。地上130m、28階建て、エメラルドグリーンのガラスカーテンウォールが印象的なピアスタワーは、この街の新しいランドマークとして、人々の注目を集めています。
  ピアスタワー
 
ピアスタワー・正面ファサード
ピアスタワーと茶屋町界隈
ピアスタワーと茶屋町界隈 北野教会
茶屋町界隈
阪急インターナショナル 綱敷天神社 茶屋町・鶴乃茶屋跡
ピアスタワーの南に位置する茶屋町は、かつては三番村といわれ、鶴乃茶屋、萩乃茶屋、車茶屋といった茶屋で賑わう大阪有数の行楽地であったようです。鶴乃茶屋跡の石碑がある道は西国街道として、高麗橋より下関へ向かう交通の要所でもありました。この界隈の綱敷天神社には菅原道真が大宰府へ行く途中に参拝したという話も残っています。