PIASシンボル
トップページ サイトマップ English
ピアスタワー・高層階エレベーターホール
 
会社概要
事業所一覧
研究・開発
生産・物流
沿革
経営理念
研究・開発
ピアスグループの製品を語る上で欠かせないのが、研究開発力です。ピアスグループでは「中央研究所」を中心に研究に基づく技術、素材の開発から、先端的な皮膚科学の研究まで、あらゆる角度から次世代の美容と健康を追求しています。また、大学や各種研究機関との連携も積極的に行って、サイエンスに裏打ちされた独創的でリアルな効能効果を有する化粧品の開発に取り組んでいます。
■ピアスグループ中央研究所
各社の先端技術の研究所が立ち並ぶ、神戸・ハイテクパーク内にある「ピアスグループ中央研究所」。研究部、開発一部、開発二部から成り、サイエンスに裏打ちされた市場先行的でリアルなベネフィットを実現する他社製品とは一線を画するピアス製品の特徴を支えています。大学や医師とも綿密に連携を持ちながら、有効な新素材の開発から、その素材を有効に製品化する技術の開発を推進しています。

中央研究所
中央研究所・スタッフ
 
現在では、ピアスグループの事業が広がるにつれて中央研究所での研究も多様化。ピアスグループの各ブランド戦略に適応した製品の開発や、より高い安全性の確保も重要なテーマになっています。さらに今後成長が見込まれる機能性化粧品だけでなく、医療分野やバイオテクノロジー、ナノテクノロジーといった未来の展開を見据えたテーマにも挑戦。独自の技術を創出し、次の世代へと継承しながら、真に意義のある成果を求めて研究を続けています。  
 
■美容研究所
ピアスグループの美容ポリシー、および美容理論を開発し、それを基に各ブランド独自の美容理論と美容技術を確立していくのが「美容研究所」。同時に色彩・トレンドの研究を行うカラーマーケティング手法や、教育カリキュラムを構築して、アテンダントスタッフやエステティシャンの知識や技術の向上にも取り組んでいます。また「中央研究所」によるシーズや技術の研究成果に対しても、美容的な着眼点からアプローチしています。